『日本語・日本文化週間2019』を開催しました。



 3月2日~3日に『日本語・日本文化週間2019』を、国際交流基金・クアラルンプール日本文化センター、タイムズ・スクエア・ショッピング・モールとの共催で開催いたしました。オープニングセレモニーにはアミヌディン文化・青年・スポーツ大臣をお招きし、国内外で活躍する尺八奏者の岳人山による演奏、ブルネイ柔道連盟のデモンストレーションを披露しました。

 日本語及び日本文化の魅力に触れる機会の提供を目的とした当イベントでは、公邸料理人による和食クッキング・デモンストレーション、大使館ブースでの折り紙アクティビティ、つまみ細工ワークショップ、尺八ミニレッスンを実施。ほかにも、当地各団体のブースで日本留学経験者による体験談、青年交流事業や日本語学習、日本留学に関する情報の提供を行いました。
今年も参加団体の協力のおかげで、来訪者の方々に楽しんでいただけたイベントとなりました。

参加団体:
ブルネイ元日本留学生会(BAJA)、ブルネイ教育省生涯学習・訓練課、東南アジア青年の船ブルネイ参加青年同窓会(BERSATU)、JENESYS・プログラム参加青年の同窓会(JENESYS ALUMNI)、ブルネイ大学日本文化同好会(ブルネイ日本友好協会(BJFA)UBD支部)、ブルネイ工科大学日本文化同好会(BJFA-UTB支部)、柔道アカデミー・スポーツ・スクール、宮崎県農政水産部農業連携推進課、日本ブルネイ友好協会(JBFA)、ブルネイ日本人会、日本貿易振興機構・シンガポール事務所。



イベントの写真はこちら