教育事情

準全日制補習授業校

ブルネイの補習授業校は,邦人児童生徒数の減少によって平成16年度以降文部科学省の教員派遣が取り止めとなり、平成16年3月末で閉校となりました。

 

国立学校・私立学校

インターナショナル・スクール(幼稚部、小学部、中学部、高等部)

英語による教育が,実施されています。事前に入学を申請し、許可を得ることが必要で,低学年については特に入校希望者が多く、入校を許可されるまで相当期間待たされる場合があります(新学年の開始は8月下旬)。
また、相当程度の英語能力が求められるため,入校時には面談(接)が実施されます。その結果授業についていくことが困難と判断されると、最初に English Course に入学し、ある程度英語力をつけてから普通のクラスに編入されます。