在留届の受付

外国に住所を定め、3か月以上滞在する日本人は、居住地を管轄する日本大使館または日本総領事館に在留届を提出することが旅券法第16条によって義務づけられています。 在留届は、

 
  1. 万が一事故・事件に遭遇した場合、身元確認や緊急連絡先への通報など、当館が支援を行うための重要な情報源となります。
  2. 在留証明など一部の証明書を申請する際は、在留届が提出されていることが条件です。
  3. 在外選挙人登録申請を行う場合、在留届が提出済みであれば、住所を確認する資料は省略が可能です。
  4. 在留届にメールアドレスを記入すると、安全情報など当館からのお知らせが配信されます。
  5. 海外に居住する皆様の教育、医療、安全などに係る基礎的資料として活用します。

当館への在留届の提出方法には、次の2通りの方法があります。

 
  1. インターネットによる届出

外務省のホームページから「在留届電子届出システム(ORRnet)」を利用して、インターネットによる届出ができます。

 
  1. 在留届出用紙による届出

当館窓口で入手するか、下記よりダウンロードすることも可能です。届出は、当館窓口へ持参頂くか、Eメール、郵送又はFAXでも受付しています。

 

在留届書ダウンロード(PDF形式)

 

既に提出頂いた在留届書の内容に変更が生じた際は変更届を、また,当国から移転される場合は帰国(出国)届を提出ください。

 

変更届書ダウンロード(Excel形式)
変更届書ダウンロード(PDF形式)
帰国(出国)届書ダウンロード(PDF形式)

Eメール:ryoji@bw.mofa.go.jp
FAX: 2237768