二国間関係

  ブルネイは,1984年に英国から独立したばかりの比較的若い国ですが,豊富な天然資源を背景に,東南アジアにおいてシンガポールに次ぐ高い経済水準と充実した社会福祉を実現し,政治的にも経済的にも安定した国です。日本にとっても,液化天然ガス(LNG)総輸入量の約5%を占める重要な天然資源供給国です。2014年には外交関係樹立30周年を迎え,良好な二国間関係をさらに飛躍させることができました。また,2015年8月から3年間,東南アジア諸国連合(ASEAN)を代表して日本との調整に当たる対日調整国に就任しており,地域協力に向け連携して取り組んでいます。


基礎データ

経済•ビジネス関連情報