平成30年春の叙勲の発表

 平成30年4月29日(日本時間)、日本政府は、平成30年春の外国人叙勲受章者を発表し、この中で、日ブルネイ間の友好関係強化に寄与した功績が認められ、ダトー・パドゥカ・ハジ・モハマド・アドナン・ビン・ブンタール元駐日ブルネイ大使が叙勲されることが公表されました。アドナン元駐日大使は、5月8日宮中での伝達式に参加しました。

 アドナン元駐日大使は、平成17年から平成20年まで駐日ブルネイ大使を務め、日ブルネイ間の友好関係強化に寄与しました。また、退職後もブルネイ日友好協会(BJFA)における活動を通じ、日ブルネイ友好関係促進に従事されました。同氏は現在もブルネイ日友好協会の顧問を務めています。

 24日、加藤元彦大使は、元駐日大使を大使館に招き、受章の記者会見を行いました。同会見において、加藤大使はアドナン元駐日大使の貢献に感謝の意を表明し、元駐日大使は二国間関係強化のために引き続き活動を継続すると述べました。